sprites

ウガンダでの防蚊塗料『Kansai Anti-Mosquito Paint』とマスク寄贈によるコロナ対策ロックダウン解除後の学校再開への支援を行いました

2020/06/15 | ウガンダ

快適かつ安心な暮らしへの貢献

ウガンダ共和国の首都カンパラにおいて、当社グループの防蚊塗料「Kansai Anti-Mosquito Paint」4,000リットルを、教育・スポーツ省へ寄贈いたしました。加えて、新型コロナウイルス感染症対策として実施されていた都市閉鎖が解除された後の学校再開に向け準備を進める教育関係者の方々向けに20,000枚のマスクを寄贈しました。
今回の寄贈は、世界規模で新型コロナウイルス感染症が拡大する中、安全な教育環境を整えるだけでなく、Kansai Plasconがこれまで推し進めてきたマラリア感染対策をさらに進めていくという意義も含んでいます。
ウガンダ国内で製造されるKansai Anti-Mosquito Paintは、地元の学校に塗装される予定で、本年7月予定の学校再開前にも塗装が完了する見通しです。このKansai Anti-Mosquito Paint はウガンダの2021年までのマラリア撲滅を目標に、2019年より販売開始した画期的な製品で、鉛など有毒な重金属が含まれておらず、現地の保健省や内務省、国家薬物当局にもその安全性の高さが認められています。

  • 寄付した品物を前に記念撮影(ウガンダ・カンパラにて)
    寄付した品物を前に記念撮影
    (ウガンダ・カンパラにて)
  • 贈呈にあたる懇談風景(中央:ジャネット・ムセベニ大臣)
    贈呈にあたる懇談風景
    (中央:ジャネット・ムセベニ大臣)
  • マスク贈呈の際の記念撮影
    マスク贈呈の際の記念撮影